女性

水虫に関する悩みは皮膚科での治療で改善|プロがしっかりと対応

気になるニキビの改善

医師

東京にある美容整形クリニックでは、白ニキビをはじめ様々なニキビ肌の治療が可能です。レーザー照射によって治療が行われるのが一般的であり、数回の照射で肌の改善が可能です。自身の肌に合わせて治療を行ってくれるクリニックを探すことをおすすめします。

Read

皮膚科治療と菌の対策とは

ナース

まず皮膚科を受診する

足に水虫ができてしまった人の中には、市販の薬だけで治療してしまう人が結構いるようです。しかし、足の皮膚病には水虫とよく似た症状の病気がいくつかあり、市販の薬では完治しないことも多いのです。なので、水虫の症状を見つけた場合は近くの皮膚科に行き、診断してもらってから治療を開始するのが良いのです。水虫の元になる白癬菌(はくせんきん)はとても繁殖力が強く、治ったように見えても再発することがよくあります。また、爪水虫という病気になっている場合は、市販の薬での治療はかなり困難なものになります。このような理由から、皮膚科を定期的に受診して、根気よく治療を続けていくのが、最も早く完治させる最善の方法なのです。

菌を増やさない努力も大切

水虫を治すには、皮膚科によるレーザー治療や塗り薬がとても効果的なのですが、それでも完全に治すには時間がかかってしまいます。そこで、皮膚科の治療と並行しながら、生活の中で水虫の菌を増やさないように努力することが大切になってきます。水虫の菌は高温と湿気を好むので、足の裏が蒸れている状態は、菌にとって最も快適な環境になってしまいます。なので、足の裏を常に乾燥させた状態に保つことが大切になってきます。例えば、靴下は薄手で通気性の良いものを選んだり、足の裏に湿気を吸い取るシートを使ったりするのも効果的です。水虫の菌は足の裏から感染することが多いので、大勢の人が使うスリッパや足拭きマットは、なるべく使わないほうが賢明です。また、菌が付着してから侵入するまでに、24時間ほどかかると言われています。なので、こまめに足の裏を洗うことも、菌の侵入を防ぐ大事な予防策になるのです。

早期発見が重要です

婦人

痔は早期発見する事によって軟膏等ですぐに治す事ができますが、症状が進んでしまうと外科的治療をする必要性が出てきます。近年では患部に注射を打つ方法が確立されており、日帰り施術で数回通えば出血・イボ痔などを違和感が無くなるまでに改善出来ます。

Read

クリニックの利用法

医師と患者

西新宿の皮膚科クリニックでは、通常の皮膚疾患の治療だけではなく、美容や健康増進のための様々な診療を行っているクリニックがあります。また、診療時間も昼休みに診療するなど、忙しい方に受診しやすくなっています。そうした点を生かして、皮膚科クリニックを上手に利用しましょう。

Read